うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護掲示板

介護の愚痴のこぼし合いから笑える雑談、暇つぶしまで。自由に語り合いましょう。

話題を投稿する



newスレッド


tukushikenさん
  • 相談 No.2083
  • 2022年08月23日
  • 08:47:35

認知症といってもいろいろです


認知症といってもいろいろですね。うちの母はBPSDもなく、ただ生活の意欲が減退しているだけですが、介護仲間の様子を聞いてみると、たいへんなようです。
スーパーやコンビニの棚にある食品を食べ始めてしまうとか、情緒不安定でなにもないのに泣き叫ぶとか、認知症は一筋縄ではいきません。
ある人は、父親のご近所への悪態に困り果て、部屋の鍵を閉めて閉じ込めたとか、いけませんね。
以前は認知症は痴呆症と呼ばれ、脳の病気だからと認知症患者を隠そうとしましたが、いまでもそんな風潮はあるようですね。
認知症の世話は、地域全体で見守るのが一番でしょう。認知症であることを周りに知ってもらい、それを承知でお付き合いしてもらう、そんな社会をみなさんといっしょに作りたいですね。


  
1か月前
  • レス数17
  • 総閲覧数284
  • 9月 17, 2022 8:20 pm


  • hosokawataeさん

    愚痴を言い合える仲間がいると、気が晴れます。

  • 9月 13, 2022 4:22 pm


  • kunihiroさん

    地域包括支援センターが認知症教室を開いていますね。

  • 8月 27, 2022 5:40 pm


  • yurayan911さん

    地域包括支援センターをもっと利用するといいです。相談に乗ってくれます。

  • 8月 26, 2022 9:07 pm


  • toshiminkさん

    認知症カフェは、介護の愚痴や笑い話を言い合えるし、楽しいですよ。利用しましょう。

  • 8月 26, 2022 5:09 pm


  • bunnynannyさん

    私の町(東京・昭島市)では、徘徊などで所在不明者が出ると、有線放送が町中に流れます。年齢、服装など特徴、どの辺りで不明になったかなどを知らせます。市民からの情報で無事保護されたことが数多くあります。こうした行政の地道な取り組みも大事です。

  • 8月 25, 2022 5:39 pm


  • takachihoさん

    認知症が軽くてもBPSDが広がる人もいれば、重くなっても広がらない人もいます。生活環境が影響していると言われます。家族やご近所さんとのお付き合いを大切にすることがBPSD予防のポイントのようです。

  • 8月 23, 2022 4:13 pm


  • ootemonさん

    掲示板にも投稿したけれど、妻をデイサービスに通わせたら職員さんへの暴言が酷すぎて追い出さ手ました。
    大変だけどゆっくりと付き合っていこうと思います。

  • 8月 23, 2022 2:57 pm


  • kawagoebitoさん

    母には徘徊癖があり、何度か行方不明になっていますが、いつもご近所の方に見つけていただきました。


    うち介護掲示板回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護知恵袋 > 生活 > 認知症といってもいろいろです

    おすすめ商品特集