うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護掲示板

介護の愚痴のこぼし合いから笑える雑談、暇つぶしまで。自由に語り合いましょう。

話題を投稿する



newスレッド


cartierさん
  • 相談 No.1354
  • 2015年06月10日
  • 19:14:25

夏に向かって脱水症(熱中症)が心配です


父は要介護1です。日常生活にそれほど世話が必要な場合はありません。性格も穏やかです。ただ心配なことがあります。夏に向かって脱水症にならないかということです。
父は痩せ型です。高齢になると脱水症は悪影響が大きいと聞き、水分を多く取るようにすすめているのですが、ほとんど飲みません。お医者様からも、お年寄りは体内で蓄積できる水分が減少するので、こまめに水分を補給するようにといわれています。
実は1年ほど前に仲間といっしょにいるときに、おもらしをしたようで、それで水分の補給を避けているようです。高齢になればおもらしくらいするだろうにと私的には思うのですが、本人にとってはたぶんとても恥ずかしかったのだろうと思います。
ただ、夏に向かって脱水症の予防は不可欠です。なんとか自然に水分を取らせたいのですが・・・。


  
5年前
  • レス数7
  • 総閲覧数3,556
  • 7月 25, 2015 11:20 am


  • ES2133LANさん

    父の介護をしています。父は軽い認知症で要介護度1ですが、高校野球が大好きです。地元の高校の試合がある場合はよく球場に見に行きます。やはり熱中症が心配で、ボトルに麦茶を入れて持たすのですが、帰ってきてちゃんと飲んでいるか、一応チェックしています。本当に夏は心配です。

  • 6月 26, 2015 11:44 am


  • eikisuzukiさん

    知り合いに聞いた話ですが、かっこいい保冷ボトルをプレゼントしたところ、うれしくて持ち歩くようになり、水分を補給するようになったそうです。
    娘さんからのプレゼントなら、お父様大喜びでは?

  • 6月 14, 2015 6:16 pm


  • startrek2014さん

    ひとり暮らしの高齢者です。おもらしは屈辱的ですからね。お父様の気持ち、とてもよくわかります。私も経験がありますので、すごくシンプルですがおもらしにはつながらないと思わせるだけでも効果があるかも。私の場合は「水じゃなくてこれはスポーツドリンクだから大丈夫」と、信じるようにしました(根拠はありませんが)。おもらしは気持ちの問題が大きいですから。

  • 6月 12, 2015 5:02 pm


  • tetuzinさん

    高齢者は脱水症になりやすくなります。特にcartierさんのお父様は痩せ型とのことですので、心配でしょう。人間は1日あたり2500mlの水分が排泄されます。つまり1日2500mlの水分補給が必要であり、そのうちの1200mlが飲料水です。高齢者は筋肉が減少するため、体内に蓄積できる水分も減少するため、水分バランスが崩れやすくなってしまします。トイレが心配で水を飲まない方は、「飲料水」というイメージにとらわれている場合もあります。ですので違う形の水分補給がいいかもしれません。食事どきにスープ類を多くする。鍋や麺類(かけそばやラーメンのように汁が多いもの)を多くする、ジュースやコーヒーを飲む機会を多くするなどして「水分」を補給するのがおすすめです。


    うち介護掲示板回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護知恵袋 > 健康 > 夏に向かって脱水症(熱中症)が心配です

    おすすめ商品特集