うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護掲示板

介護の愚痴のこぼし合いから笑える雑談、暇つぶしまで。自由に語り合いましょう。

話題を投稿する



newスレッド


v3shinichiさん
  • 相談 No.1975
  • 2020年11月25日
  • 16:10:51

喪中ハガキの季節


喪中ハガキが届く季節になりました。私には友人の父上または母上逝去のお知らせ、父にはご本人逝去のお知らせ。
父は認知症を患っておりますが、筆まめで、毎年直筆で年賀状を書いています。
知り合いが亡くなるのは寂しいだろうなと思い、話しかけてみたところ、「喪中ハガキの盛りは過ぎた」。
なるほど、もう98歳ですからね。
それでもけっこうな枚数を書いていますので、皆様長生きなんですね。


  
5か月前
  • レス数6
  • 総閲覧数632
  • 1月 7, 2021 8:23 pm


  • 707さん

    私の母も最後まで年賀状に返信を出していました。母が亡くなった年、保存されていた年賀状の宛先に、喪中の案内を送りました。最後の介護でした。

  • 12月 13, 2020 11:56 pm


  • yoshiminさん

    三年返信がこないと疑います

  • 11月 25, 2020 8:31 pm


  • eikisuzukiさん

    亡くなられた後に、ご家族が喪中ハガキを送ってくる。それだけで、幸せな家庭だったのだとわかりますね。
    父は生前、「亡くなられたら、家族が知人に知らせるくらいできないかなあ」と嘆いていました。


    うち介護掲示板回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護掲示板 > 生活 > 喪中ハガキの季節

    おすすめ商品特集