うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護掲示板

介護の愚痴のこぼし合いから笑える雑談、暇つぶしまで。自由に語り合いましょう。

話題を投稿する



newスレッド


boomer2000さん
  • 相談 No.1898
  • 2019年11月14日
  • 10:41:35

認知症で誤診


初めてお便りします。
友人の父親が認知症と診断され、しょげかえっていました。ところが別の病院で診察してもらったところ、認知症ではないと診断されました。
診断ではうつ病だそうです。
認知症と誤診されることは、よくあるとのことで、私の両親もそろそろ要介護適齢期だけに、心配です。
よくあること、と気軽に言われると腹たちますね


  
1か月前
  • レス数17
  • 総閲覧数312
  • 11月 25, 2019 9:11 pm


  • Sakurakoさん

    クローズアップ現代でも、近頃認知症の誤診のテーマが多いです。うちの母も認知症ですので心配になります。

  • 11月 25, 2019 8:46 pm


  • kunihiroさん

    母親が認知症ですが、最初に診断されたお医者さまは「認知症は鬱病と間違う場合がおおいです」と、いくつかのチェックポイントを知らせてくれ、しっかり見て欲しいと言われました。
    セカンドオピニオンのため、いくつかの専門病院を紹介してくれました。
    それほど認知症と鬱病は診断が厄介なんでしょうね。

  • 11月 20, 2019 6:58 pm


  • watachan099さん

    うちの義兄は五十代半ばに鬱病になりました。医療関係の友人に症状など伝えたところ、「若年性認知症の可能性もあるから、もういちど診察してもらったほうがいい」とのことでした。姉に再検査をすすめたところ、強い口調で断られました。
    気持ちもわかります。若年性認知症と診断されたらたいへん厳しい状況に置かれるからです。
    結局再検査して鬱病でしたが、認知症と診断されるのはまだ若いだけにどうしても耐え難かったのでしょう。難しい問題ですね

  • 11月 20, 2019 5:25 pm


  • ggeranさん

    うつと誤診されて抗うつ剤飲まされるのやばいよね

  • 11月 20, 2019 5:20 pm


  • znosukeさん

    認知症とうつ病、いちばん誤診が起こりやすい病気ですね。どちらの病気も血液検査などデータでは現れない病気は間違えやすいらしいですね。
    うつ病を認知症と誤診した場合、偽認知症という専門用語まであるそうです。

  • 11月 16, 2019 5:59 pm


  • airconさん

    アルツハイマー診断にはセカンドオピニオン必須

  • 11月 14, 2019 10:28 pm


  • eikisuzukiさん

    専門医が少なすぎます。認知症の専門医は2千人程度しかいないそうですよ。


    うち介護掲示板回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護知恵袋 > その他 > 認知症で誤診

    おすすめ商品特集