うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護掲示板

介護の愚痴のこぼし合いから笑える雑談、暇つぶしまで。自由に語り合いましょう。

話題を投稿する



newスレッド


ryuheiklさん
  • 相談 No.2045
  • 2022年01月5日
  • 15:25:21

Love&Other Drugs


正月休みに映画「Love&Other Drugs」(2010年・米)を観た。
パーキンソン病を患った女性との出会い、恋、別れ、再会を描いた心温まるラブ・コメディだ。
ごく近しい人をパーキンソン病で失っているので、パーキンソン病=不治の病という重い”事実”が、本人にも介護する人間にも重くのしかかる。
そんな状況を軽快なギャグとベッドシーンで包んで伝えてくれる秀作。
Love&DrugsではなくてLove&Other Drugs。これもギャグのひとつのようだが意味深い。
ご興味のある方はアマゾンプライムで。


  
6か月前
  • レス数6
  • 総閲覧数367
  • 1月 27, 2022 9:21 am


  • rookie999さん

    パーキンソン病の苦しみを笑いで包んでいる。

  • 1月 18, 2022 4:27 am


  • startrek2014さん

    パーキンソン病は若くしても発病します。10万人に150人の確率だそうで、珍しい病気ではありません。

  • 1月 8, 2022 4:48 pm


  • shiraseshinさん

    私の父も治る見込みのない状態での介護です。それが日常と思って介護するのですが、ときには絶望します。そんな気分を吹き飛ばしてくれ爽やかに泣ける作品です。

  • 1月 6, 2022 8:43 pm


  • kunihiroさん

    ギレンホール主演作品ですね。懐かしい。


    うち介護掲示板回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護掲示板 > その他 > Love&Other Drugs

    おすすめ商品特集