うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護知恵袋



shikamareyさん
  • 質問
  • 相談 No.1726
  • 2018年09月30日
  • 16:30:51


自分の老後を考えると認知症保険てどうなんでしょうかね?認知症の母の介護をしていると、やはりお金がかかるなあと。


  • 総閲覧数474
  • 回答数15
  • 10月 10, 2018 9:54 am


  • 707さん

    流行り物っぽいですね。

  • 10月 2, 2018 9:39 am


  • takachihoさん

    認知症でもパーキンソン病型認知症は保障の対象外など、契約の中身をよく検討されることをお勧めします。

    • 10月 4, 2018 11:00 am


    • shikamareyさん

      ありますね。要介護のレベルが決められているとか・・・どうなんでしょうね

  • 10月 2, 2018 9:28 am


  • eikisuzukiさん

    民間の介護保険で十分だとは思いますが、認知症保険はまだ運用が始まったばかりですので、今後どう展開していくのか、もう少し様子見でも構わないのでは。

    • 10月 4, 2018 10:59 am


    • shikamareyさん

      認知症保険がどうなっていくのが理想だとお考えですか

      • 10月 4, 2018 9:32 pm


      • eikisuzukiさん

        認知症保険を発売している生保はいまのところ3社。ニーズがあれば増えるでしょうし、商品のバリエーションも増えるでしょう。

    • 10月 5, 2018 9:37 am


    • eikisuzukiさん

      逆に1、2年で寂しく市場から消えていくかも知れません

  • 10月 1, 2018 9:04 pm


  • airconさん

    不要。老後資金が心配なら、認知症保険の掛け金を、
    投資信託などハイリターンな金融商品に回して積み立てた方がずっと現実的

    • 10月 2, 2018 9:43 am


    • takachihoさん

      同感です。shikamareyさんがおいくつかは存じあげませんが、50代、60代ならまだまだ時間はあります。老後はいわゆる「小銭」を蓄えておくことが大切です。株式運用などにチャレンジされてはいかがですか。頭の活用でボケ防止にもつながりますし。

      • 10月 4, 2018 10:55 am


      • shikamareyさん

        株式投資ですか?難しそうで縁遠い感じです

        • 10月 4, 2018 11:19 am


        • takachihoさん

          簡単です。証券会社に口座を開く。そこに20、30万円の資金を入れる(無理のない額で)。絶対倒産しそうもない企業の株式を買う。半年間毎日株価の動きを追う。自分のお金がかかっていますので真剣になります。それからゆっくりと株式の勉強をします。これでokです。

    • 10月 4, 2018 10:55 am


    • shikamareyさん

      なるほど

      • 10月 4, 2018 9:28 pm


      • takachihoさん

        いえ、違います。金融関係のジャーナリストです。でも本当に株式投資をされている方は何歳になっても頭脳明晰です


    うち介護知恵袋回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護知恵袋 > 認知症保険

    おすすめ商品特集