うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護知恵袋



takishimanさん
  • 質問
  • 相談 No.1636
  • 2017年09月19日
  • 20:34:23


母が老人医療専門病院で軽度認知障害と診断されました。ケアをしなければ認知症になる確率が非常に高いそうです。
母は88才でこれまで足腰は丈夫で、受け答えもはっきりしていて、日常生活に支障はありませんでした。病院には風邪をひいた時にいくくらいでとても健康でした。とても普通の生活をしていました。
それが軽度認知障害と診断され、母も私もショックを受けています。
ネットなどで調べて見たのですが、健常者と認知症の中間に当たる状態で、認知機能に問題が生じてはいるけれども日常生活に支障がない状態、とのことです。
65才以上の4人に一人が軽度認知障害だそうです。
私は非常に疑問に思いました。生きていれば誰でも
認知症になる可能性はあるわけで、年をとればほとんどの人が記憶などにあやふやな部分は出てきます。誰でもが老人になれば普通になる症状ではないのか、と思うのです。
ガンで亡くなる方は3人に一人と言われていますが、誰でもガンになる確率はあるのだからと健常人を「ガン前兆症状」とは呼ばないでしょう。
ガン予防にタバコを吸わない、暴飲暴食を控えるなど予防対策は各自しているでしょうし、私の母も要介護にならなようにと、毎日散歩して、新聞を読み、ご近所付き合いも積極的にやってきました。
それでも記憶などに少しは衰えは見えます。私だって若い頃に比べれば随分記憶力は衰えていますから当たり前ではないでしょうか。
年を取って起きることを「障害(病気)」と名付けるのはどうなんでしょうか。私の悪いクセかもしれませんが、どうもその辺りに病院、医療業界のビジネス的な匂いを感じるのですが、如何?


  • 総閲覧数319
  • 回答数16
  • 10月 17, 2017 8:51 am


  • keisukeさん

    以前会社に勤めていた時のことをお話しします。同期が55歳の時、社内検診で異常が発見され、専門医に診察してもらったところ軽度認知症障害と診断。若年性認知症ですね。そいつの落ち込み様はものすごかったです。このままでは自殺する、周りはそんな感じでした。しばらくしてようやく精神的にも立ち直り、前向きに生きる様になり、無事定年退職を迎えました。残酷な診断だなと当時思いました。

  • 9月 24, 2017 10:54 pm


  • takachihoさん

    早く発見できて良かったじゃないですか。認知症とはゆっくりと付き合っていく。そんな感じです。

  • 9月 23, 2017 6:15 pm


  • hikaruXさん

    一回の診察で軽度認知障害と診断されることはないと思いますよ。
    軽度認知障害の「疑い」ではないでしょうか。何度か診察が続くと思いますので、しばらく通われたらいかがでしょうか。
    お薬は処方されましたか?

    • 9月 23, 2017 6:25 pm


    • takishimanさん

      薬は処方されていません。

      • 9月 24, 2017 10:48 pm


      • hikaruXさん

        多分、まだ治療ではなく、検診の段階だと思います。何型の障害だと診断されましたか?

        • 9月 26, 2017 9:49 pm


        • takishimanさん

          健忘型単機能障害アルツハイマー型です。

          • 10月 2, 2017 11:13 am


          • hikaruXさん

            返信遅れて申し訳ありませんでした。
            これから軽度認知障害の診察や治療は、通常の病気に比べて非常にゆっくりとしたスピードで進むはずです。
            もうしばらく今の主治医さんとお付き合いされたらいかがでしょうか。
            アルツハイマー型認知症は、決定的な治療法は現在ありませんが、世界的規模で治療薬の開発が進んでいます。
            認知症の進行を遅らせることで、未来が開ける可能性もあります。

  • 9月 21, 2017 8:48 am


  • tkanekoさん

    アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症は、治療法がない。早期発見が進行を遅らせる唯一の方法です。軽度認知障害診断は最善の策。

    • 9月 23, 2017 6:24 pm


    • takishimanさん

      早期発見が重要なのはわかってはいるのですが、納得ができない部分がありまして。

  • 9月 20, 2017 8:39 pm


  • airconさん

    日本整形外科学会が提唱しているロコモティブシンドロームにも、患者囲い込みの雰囲気を感じるね。

    • 9月 23, 2017 6:23 pm


    • takishimanさん

      ロコモティブシンドロームですか。仰々しい病名です。

  • 9月 20, 2017 8:50 am


  • tetuzinさん

    チェックシートによる認知症診断だけで軽度認知障害と診断されたとしたら問題かもしれません。もう一度専門医のいる「もの忘れ外来」のある病院で診察を受けられたらいかがでしょうか。

    • 9月 23, 2017 6:21 pm


    • takishimanさん

      母一人で診察を受けましたので詳細はわかりませんが、そんなに簡単に軽度認知障害と診断して良いものだろうかと。

      • 9月 23, 2017 9:39 pm


      • tetuzinさん

        軽度認知障害の診断にはCTスキャンなどの断層撮影の検査があります。


    うち介護知恵袋回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護知恵袋 > 母が軽度認知障害と診断されて思ったこと

    おすすめ商品特集