うち介護とは?

本サイトでは、歩行や入浴、着替えといった日常動作に 介助が必要になったとき、できるだけ自宅で生活を 続けられるよう家庭内で支援することを「うち介護」と 呼んでいます。

うち介護の負担を減らす技術の紹介や、質問・相談のコミュニティ、介護にまつわる情報提供などの コンテンツを通し、日本の介護の未来を明るくして行こうという思いを込めて、本サイトを運営しています。

うち介護のつらくない続け方、賢いやり方の参考として。
同じ境遇の方と相談したり、悩みを共有する場として。
介護情報の集まるポータルサイトとして。
本サイトを通じて、介護に携わる方の負担が少しでも減ることを願っています。

うち介護掲示板

介護の愚痴のこぼし合いから笑える雑談、暇つぶしまで。自由に語り合いましょう。

話題を投稿する



newスレッド


cotton1955さん
  • 相談 No.1710
  • 2018年07月17日
  • 21:55:14

「恍惚の人」を見たのは高校の頃


高校の頃「恍惚の人」を見た。
森繁久弥さんの演技に笑った。感動した。
今見たら、笑わないと思う。
当時は「認知症」でなく「痴呆症」と呼ばれていた。
介護保険はなかった。
ホームヘルパーさんはいなかった。
家族に認知症の人がいても隠さなくて良い
時代になりつつあるのかな、と思う。
まだちょっとあれだけど。
https://filmarks.com/movies/5015


  
5か月前
  • レス数4
  • 総閲覧数420
  • 8月 19, 2018 8:04 pm


  • qtaro999さん

    「痴呆症」・・・放送禁止用語でしょう

  • 7月 18, 2018 10:15 am


  • eikisuzukiさん

    私も中学か高校の時に観ました。性欲だけは衰えないようなシーンを見事に演じていて、思い切り笑ってましたね。

  • 7月 18, 2018 10:01 am


  • 707さん

    母が認知症でした。末期には徘徊の症状が出てしまい、ご近所の方はもちろん、警察や社会福祉協議会、最寄り駅の駅員さんにも、母の写真と特徴を書いた紙を渡しその旨伝えました。
    真夜中に徘徊で行方不明になったときは、タクシーの運転手さんに発見していただき、警察に連絡していただきました。
    ボケは恥ずかしいからと隠していたら、母は発見されなかったかも知れません。


    うち介護掲示板回答を書く

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    TOP > うち介護掲示板 > 「恍惚の人」を見たのは高校の頃

    おすすめ商品特集